自創経営とは

  • HOME »
  • 自創経営とは

自創経営とは?

自創経営とは、東川鷹年氏(創始者)が西尾レントオール株式会社(現東証1部)に33年間勤務し、社員数53人の零細企業を1600人の上場企業に成長させた人づくりの経営の仕組みです。
社員が自らチャレンジ精神を持って自主性と創造性を発揮して、「部門経営者」としての自覚を持ち「自ら計画を立て、チェックし、改善し、その目標の達成に責任を持つ」
と考えて主体的に行動する人財を育てる仕組みです。

何のためにするの?

企業を長期に発展させたければ、企業の売り上げを伸ばすとともに、
適正な利益を得ることであり、利益の源である企業における創造性を高めるには、
社員の脳細胞を活性化させるために、企業内に緊張感を持たせ、
公私にわたって、心地良い状態を創り出す仕組みづくりを実現するためです。
◇成長の原理(上原春男先生)

誰でもできるの?

誰もが平等に持っている財産である『時間』と『脳力』を活用する仕組みです。
誰でも1日24時間を平等に与えられています。1日の時間の使い方、仕事時間、余暇時間、生存時間に分かれます。

「1日1440分」という時間を有効に活用するために、ランクUPノートを使い、時間単位ではなく、分単位を意識して行動できる自分づくりをします。

また、誰でも性別や年齢に関係なく、140億から150億の脳細胞を持っています。
その脳力を活用するために、良い習慣づくりで部門経営者(自創の人)に育ちます。

PAGETOP
Copyright © 自創経営オフィシャルウェブサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.